横仙歌舞伎保存会のあゆみ

 

横仙歌舞伎は、江戸時代以来、途絶えることのない伝統を誇る団体です。

奈義町の地歌舞伎(地下芝居)は、明治から、昭和初期にかけて大流行をします。町内の各神社の境内には舞台が建てられ、春秋の祭りには必ず村人の手により歌舞伎が演じられ、歌舞伎舞台は奈義町内だけでも十数棟を数えました。

地歌舞伎はたいてい夕方から上演され、人々は酒肴を持ち寄り、夜遅くまで楽しみ、若者たちは出会いを求めて各地の神社を渡り歩きました。


どうして県北奈義町には地歌舞伎が残ったのでしょうか?

江戸時代の農民たちは、普段の生活の中に、着るものや、食べ物、住まいや年中行事にまで事細かに決まり(御法度)がありました。

とくに、農民の娯楽の多くは禁止され、特別な許可や多くの制限が必要でした。地歌舞伎も当然取締りの対象でした。

往時には、日本各地、岡山県内にも多くの地歌舞伎が存在しました。しかし、圧倒的に県北に多く伝わっています。

それは、県南部は大名の統治する藩領で、県北、特に奈義町は幕府の直轄地「天領」だったことに由来します。

天領では役人の数が少なく、取締りをほとんど受けることなく芝居ができたため、多くの地歌舞伎が生まれ、活発に繰り返されたと考えられています。

しかし昭和30年代以降の高度経済成長期には、映画やテレビなどに代表される新たな娯楽の登場や、農村からの人口の流出などで、地歌舞伎の多くは顧みられる事なく姿を消して行きました。

 

横仙歌舞伎の復興

 

故高森源一氏

各地の地歌舞伎が次第に姿を消していく中、奈義町では故高森源一氏が中心となり、私費を投じて衣装やかつら、大小道具を買いそろえ、それを快く貸し出していました。村の芝居では、指導も行い、自ら三味線を弾き、時には役者にもなり各地の地歌舞伎を育てました。そして農閑期になると歌舞伎一座を作り、県内各地、遠くは鳥取県や広島県までも公演に出かけました。

高森氏の活動は高く評価され、昭和41年、故高森源一氏の岡山県重要無形民俗文化財指定「横仙歌舞伎技術保持者」をきっかけに有志により横仙歌舞伎保存会を発足しました。

また、能筆な高森氏は多くの根本(台本)を書き残し、昭和49年に亡くなるまで、美作地方の地歌舞伎の第一人者として活躍し、横仙歌舞伎の中興の祖として現在までも高く評価されています。高森氏の没後昭和51年に、横仙歌舞伎保存会として岡山県重要無形民俗文化財に指定されます。

 

横仙とは、奈義町の辺りをさす古い地名で、那岐山など「山の横」という意味です。

 

保存と伝承のために

総合学習

奈義町では町をあげて横仙歌舞伎の振興に取り組み開講し、平成8年、12年には、

それぞれ歌舞伎専門職を採用しました。それぞれ人間国宝に師事し、歌舞伎の公演

に欠くことのできない、義太夫三味線の研修を受けさせるなどの試みで全国から

注目を集めました。

平成11年からは、横仙歌舞伎をよりたくさんの方に親しんでいただき、保存会

自らの技芸の向上も目的とした年間4回の定期公演 ”四季の公演” をはじめました。

平成17年からは、奈義小学校3年生の総合学習の時間に地元に伝わる「横仙歌舞伎」

に親しむ取り組みとして、歌舞伎専門職員の指導で、歌舞伎の様々な道具を実際に

見るレクチャーや、拍子木や三味線などを実際に触れる体験教室を行い、最後は

「白波五人男稲瀬川勢揃い」の場面を練習し、参観日に上演し、好評を得ています。

 

子ども歌舞伎教室

平成8年には横仙歌舞伎の後継者育成を目的にこども歌舞伎教室を開講しました。

毎年町内の小中学生から希望者を募集し、横仙歌舞伎保存会の全面的な指導の元、

稽古を重ね、秋の大公演に出演を続けています。

子ども達の熱演は、横仙歌舞伎の見どころとして定着し、今後後継者として育って

行く事を願っています。

 

伝承のために

横仙歌舞伎保存会は岡山県内で唯一、衣装やかつら、大小道具を持つ団体で、裏方

の育成も続け、裏方育成と技術の向上のため、プロの裏方による教室の開催なども

行っています。

また、県内の各保存会の公演時には、衣装、化粧、床山の裏方の支援をはじめ、

道具の貸出、太夫、三味線も行っています。

さらに、近年では、県外の団体にも支援活動を行っており、岡山県の歌舞伎保存の

要としての活動を行っています。

その他、県内外、遠くは埼玉県や和歌山県までも出張公演を行い、高齢者施設など

への慰問公演、各地の公民館や、学校等への体験教室なども積極的に行い、より多くの方に、横仙歌舞伎に親しんで

いただき、保存と振興に努めています。

このような積極的な取り組みは全国から注目を集めています。

 

文化財指定

 

昭和41年(1966) 故高森源一氏の岡山県重要無形民俗文化財指定

昭和51年(1976) 横仙歌舞伎保存会が岡山県重要無形民俗文化財指定

 

受賞歴

 

昭和44年(1969) 岡山県三木記念賞受賞

平成12年(2000) 第1回おかやま県民文化賞 文化財保護法50年記念文部大臣表彰

平成13年(2001) 毎日地方自治大賞奨励賞受賞 日本善行会表彰(こども歌舞伎)

平成15年(2003) 山陽新聞社文化功労受賞

平成16年(2004) 山陽新聞社賞受賞

平成21年(2009) 山陽新聞桃太郎賞受賞(こども歌舞伎)

 

公演等略歴

 

昭和41年(1966) 高森氏の岡山県重要無形民俗文化財指定を機に有志により、保存会発足

昭和50年(1975) 東京国立劇場第24回民俗芸能公演「横仙の面芝居」出演

平成 元年(1989) 第1回東作州農村歌舞伎大寄せ開催

平成11年(1999) 年間4回の定期公演 横仙歌舞四季の公演の開催

平成16年(2004) 横仙歌舞伎四季の公演「春」松神神社歌舞伎舞台

平成16年(2004) 山陽新聞社賞記念公演 岡山シンフォニーホール

平成16年(2004) 横仙歌舞伎四季の公演「夏」那岐山麓山の駅芝生広場

平成16年(2004) 第19 回国民文化祭ふくおか2004 甘木市総合市民センター

            横仙歌舞伎大公演奈義町文化センター大ホール

平成17年(2005) 横仙歌舞伎四季の公演「冬」奈義町文化センター大ホール

平成22年(2010) 国民文化祭岡山2010地歌舞伎の祭出演

 

会長あいさつ

横仙歌舞伎保存会  会長  笠木 義孝

 

横仙歌舞伎は奈義町が誇る重要な文化的資源です。

私たちは先人から受け継いだこの重要な文化的資源を次の世代に引き継いでゆく責任を胸に、「横仙歌舞伎」を町づくりに活かし、未来に渡り保存伝承ししてゆくための積極的な活動を展開していきます。

 

アクセス

 

〒708-1323

岡山県奈義町豊沢327-1

奈義町文化センター

TEL 0868-36-3034

(FAX 0868-36-6773)。

 

 

 

 

コンタクト

 

 事務局

  TEL 0868-36-3034 / FAX 0868-36-6773

  受付時間   平日 午前8時30分~17 時(月曜・祝日を除く)

  メールアドレス shakai@town.nagi.okayama.jp

  住 所  〒708-1323 岡山県勝田郡奈義町豊沢327-1 奈義町文化センター

  担当者  寺坂 二宮

 

 

 

東作州地歌舞伎保存協議会

TEL 0868-36-3034 勝田郡奈義町豊沢327-1(奈義町文化センター)

Ⓒ 東作州地歌舞伎保存協議会 East Mimasaka Local kabuki Preservation Committee